2013年12月20日発売予定

岩城が飲むロハのウィルキンソンは辛い

ラブレプリカ — タグ: , — 宮藤まぴろ @ 5:15 PM

[前回の宮藤の記事]

やあ、ぼくだよ。
「荒木飛呂彦」で検索しようとすると「不老不死」が自動補完されるのが最高にガイアだと感じる今日この頃、いかがお過ごしですか?

前回の話で実はオレのスマホが脆弱なのは岩城のせいだということが判明しました。
そこでその脆弱さを克服するために華麗にアプリを作ることに決めたのです。

スマホに血をかけると骨針が飛び出てURYYYY! ってついつい声を漏らしてしまいそうになる古代アステカ文明もびっくりのアプリを作りたい! これで人類にかつる!
……って岩城に伝えたら「いいからウィルキンソン買ってこいよ」って言われました。
これはパワハラですか? 150円ください!

まあいいや。おとなしくGarden発足の話を書きましょう。
えーと、ビジュアルアーツさんのパートナーブランドにお誘いを頂いたというとこまででした。
詳しく書くとラノベ2、3冊分になってしまうので割愛しますが、その後はラブレプリカという企画のプレゼンを何回かさせてもらって、作って良いよということになったわけです。なんという超展開! 手抜きじゃないよ大人の都合だよ。
やったー! URYYYY!
ともあれ、その日は嬉しさのあまり岩城と宮藤はホルモン屋で乾杯しました。ホルモンは飲み物です!

実は企画の原案を作ったのはかれこれもう2年前です。
企画書第1版ではヒロインも現在より3人ほど多かったり、デザインが違ったり、同じヒロインでも役割が違ったりと結構な違いがあったりします。いなくなったキャラの中にはラフデザインまでできてたキャラもいたんですけど、まあよくあることです。
逆に現在の汀千佳というキャラは元々の企画書では存在しなかったりします。これもよくあること。

さあ、あとは作るだけです。
作るだけです。
作るだけです!!